×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニンテンドーdsライトの品薄状態は…

ニンテンドーdsライトなんですが、そろそろ需要が落ち着きそうな感じも見せ始めているようです。
最近では、スーパーとかで抽選に並ぶ光景もあまり見かけません。
ニンテンドーdsライトの品薄状態は解消しつつあり、入荷数も増えているのではないでしょうか?
別の地域では需要が落ち着いたために、まだ需要が満たされていないところにその分が回ってきているのではないでしょうか。
またニンテンドーdsライトの品薄状態の要因の一つにはアジア系の人がニンテンドーdsライトをかなり買っていくという話も聞きますね。
本体は日本で買って、自国で海賊版ソフトを買って使っているという話も…。(その真偽は分かりませんが…)
そのため、北米や欧州ではそうでもないのに、日本だけニンテンドーdsライトの品薄状態になっていたりもするようです。
でもそんなニンテンドーdsライトの品薄状態も、なくなり始めているようですね。
いつどこでも気軽にニンテンドーdsライトが買えるような日常になるのが理想ですね。

ニンテンドーdsライトのヒンジ割れ問題

ニンテンドーdsライトはアメリカでは、2006年6月の発売直後から、ヒンジ割れ問題の報告が購入した顧客から多数寄せられました。
ニンテンドーdsライトのヒンジ割れ問題の箇所は液晶折りたたみのLボタンに近い、閉じたときに背面上部側にくるパーツで、これが割れて完全に分離する、というものです。
アメリカにある任天堂はこのニンテンドーdsライトのヒンジ割れ問題の報告について2006年7月23日に、「0.02パーセントの割合で同様の現象が起こるニンテンドーdsライトがある」として無償修理を行うことを発表しました。
日本ではニンテンドーdsライトのヒンジ割れ問題についてのコメントは何も出されていないようです。
去年に息子のニンテンドーdsライトが、このヒンジ割れ問題と同じ状態になってしまい、ヨドバシカメラに修理依頼したところ、なんと新品交換、と言う形で帰ってきました。
そして知り合いのところも、同じ状態になって修理に出したところ、同じく新品になって帰ってきたということです。
使い古したからと言って、わざとヒンジを壊して修理に出しても、そんなのすぐばれちゃいますからね。

ニンテンドーdsライトの魅力

ニンテンドーdsライトの魅力として、受験勉強や英語検定などに利用されたり、株を勉強したりと、大人も楽しめるソフトもたくさん販売されているということがあります。
ニンテンドーdsライトは2つの画面の同時発色が可能になっています。さらに下の画面は、タッチパネル液晶が搭載されているのです。
さらにニンテンドーdsライト魅力はステレオスピーカーを内蔵し、バーチャルサラウンド再生が可能となっています。

ニンテンドーdsライトはタッチペンによる直感的な操作もできるのです。内蔵マイクにより反ボイスチャットまで楽しめたりします。
またニンテンドーdsライトの魅力は、「ニンテンドーDSブラウザ」を用意することで、ネットサーフィンを楽しめたり、ワンセグ受信アダプター「DSテレビ」を購入することで、受信できたりもします。
注目は、「DS Lite振動カートリッジ」を接続することで、振動機能に対応したゲーム遊べたり、「パドルコントローラ DS」により、ブロック崩しゲーム「アルカノイドDS」などの対応ゲームをパドルコントローラのダイヤルで操作できたりして楽しめます。
これらがニンテンドーdsライトの魅力ですね。

Copyright © 2008 ニンテンドーdsライトのうわさ?